皆野へ笛の試験にいきました

今日は昨年の9月から稽古してきた

秩父音頭の笛の試験に

皆野民俗芸能奏楽研修会の

関根先生のところまで行ってきました

今回はユナ・ルナちゃん・正男さんの三人の試験です

秩父方面はまだ桜が満開で

お昼ご飯を食べた長瀞辺りも

こんなに美しい桜が( ´艸`)

緊張のためか何なのか

ユナが終始テンション高く

ルナちゃんも楽しそうでした

食事の後で記念撮影

この下でライン下りができるようです

かなりの崖の下だったし時間もなく

下に行くことは断念しました

まず関根先生のお宅で

立子先生にご挨拶をしてから

皆野役場文化会館にてテストに臨みました

勢津子先生と田島さんのご指導の下

ひとりひとり観てもらいます

その後

やはり気になる「トヒョヒヒ」の部分を

丁寧にご指導いただき

全員合わせての演奏もしました

そして

まだまだ習得すべき点があるものの

全員合格をいただきましたた(^^)/

おめでとうございます(^^)/

同時に唄のご指導も詳しくしていただき

動画に収めてまいりましたが

伝統芸能の直伝ですので

動画の投稿は控えさせていただき

唄のパートのメンバーに

後日観てもらい確認してもらおうと思います

秩父音頭は連続して4時間演奏するという

切れ目なく交代して演奏するスタイルが取られるので

スムーズに場を入れ替わることが必要になります

この時の入れ替わり方も教わってきたので

こちらは動画を載せておきます

5月3日の美の山まつりにて演奏する際

入れ替わりがあるメンバーが居るかもしれないので

その時はこの所作でお願いします

関根勢津子先生、田島さんには

大変丁寧にご指導いただき

心から感謝いたします

ただ唄うのではなく

歌詞の情景を思いながら唄うことなど

皆野の自然と共にある心を

唄うことが大切なのだと教わりました

技術向上に努めることはもちろんですが

気持ちの込めようによって

表現される唄も変わってくるのですね

 

さて見事合格したみなさん( ´艸`)

お礼まいりに椋神社にも寄りました

皆野の自然と神様に見守っていただき

これからも

秩父音頭の伝統芸能を継承する者として

自覚と誇りをもって精進してまいりましょう

次は来週日曜の富士見市子どもフェスティバルです

お天気が良いといいですね( ´艸`)

新メンバー募集中!

富士見太鼓の会では、新メンバーを募集しています。

富士見太鼓の会は、親子で活動している会員も多く、笑いの絶えない家庭的な雰囲気です。

「和太鼓に興味がある」「和太鼓を叩いてみたい」「お祭りに出演してみたい」と思っている方は、ぜひ、稽古の見学にきてください。未経験者大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です