秩父音頭 講習修了証認定証授与式

毎年5月3日は皆野町の美の山で八十八夜祭が開催されていますがコロナウイルスの影響で昨年は中止、今年は場所を変えて里宮である皆野椋神社にて研修会大会のみが開催されました。
第43、44回合同とし当会からは3名が「講習修了証 認定証」を授与して頂きました。

「後継者をつくるために、後継者となる」
これは皆野民俗芸能奏楽研修会の精神の初心とされている言葉ですが、その意義を考えさせられるとても貴重な体験となりました。

認定証を授与されるのがゴールではなく、ここからがスタート地点と考えこれからも正統継承者の名に恥じぬ演奏が出来るよう太鼓の稽古と同様に力を入れて稽古に励んでいってもらいたいです。

改めて今回授与された3名、おめでとうございました!

授与者写真 富田隼平くん、大山祐奈さん

(鈴木誠人くんの代理で石塚会長がお預りしております。)

研修会会長並びに関根先生

大変なご時世の中、授与式を開催し、遠方の私たちにも伺う機会をくださり、本当にありがとうございました。

これを励みに一同更に精進して参ります。

新メンバー募集中!

富士見太鼓の会では、新メンバーを募集しています。

富士見太鼓の会は、親子で活動している会員も多く、笑いの絶えない家庭的な雰囲気です。

「和太鼓に興味がある」「和太鼓を叩いてみたい」「お祭りに出演してみたい」と思っている方は、ぜひ、稽古の見学にきてください。未経験者大歓迎です。

秩父音頭 講習修了証認定証授与式” に対して1件のコメントがあります。

  1. 祐奈、祐奈母 より:

    この度は貴重な経験をさせていただき、誠にありがとうございました。
    あのような厳かな雰囲気の中で認定式に参加し、改めて「伝統」の重さを肌で感じることができました。
    まだまだ正統継承者というには、畏れ多いですが、これからも練習に励み精進していきたいと思います。
    今後ともご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です